株の始め方、リターンがあるにはリスクもある

株投資において、三つのリターンがあることがわかりましたが、リターンがあるということはリスクがあるということで、当然ですが大きなリターンを求めれば、大きなリスクを背負うかもしれないということになります。

株の始め方として、大事なリスクについてもよく知っておきましょう。

株式投資のリスクとは投資した資金が減ってしまうことであり、倒産リスク、 値下がりリスク、 流動性リスクになります。

リスクは避けられないものであるとも言えますが、しかしリスクのことをよく理解しておけば、それを軽減することは可能と言えます。

倒産リスクとは、その名の通り会社が倒産してなくなるというリスクです。

会社が倒産したら、持っていた株券は何でもない紙くずとなります。

倒産した会社は当然ですが、利益を生むことはできず、上場廃止となれば売買をすることもできなくなります。

残余財産分配請求権もありますが、基本的に財産は残るということはまずないというのが実情です。

値下がりリスクとは、こちらもその名の通り株の価値が下がるリスクをいいます。

キャピタルゲインの反対ですね。

買った時の株価より売却の際に株価が低いという可能性は必ずあります。

流動性リスクとは、株というのは株だけでは現金にはならず、現金に換金するまでのリスクをいいます。

株を売りたくても買い手が付かない、しかし株を売りたいという時に株価を安くして売ることで起こり得ます。

流動性リスクはあまり取引が活発でない銘柄に注意することです。

【参考リンク》流動性リスク│初めてでもわかりやすい用語集

株の始め方として、株投資におけるリスクは、倒産リスク、 値下がりリスク、 流動性リスクの三つであり、これらのリスクで損が出ることを知っておきましょう。