株の始め方、まずは株主になることで得られる権利を知ろう

株投資の始め方として、まず最初に知っておくべきことは、株投資をして株主になることで、どんな権利が得られるかということです。

株投資の始め方ではまず一番に知っておかなくてはなりません。

株主というのは、上場企業が発行する株式を選んで購入し、権利確定日に株を保有していれば、誰でもなることができます。

そして株主になると、企業の事業資産を出資したことになり、株主総会への出席をしたり、配当金を得たり、株主優待を受けることなどができます。

取ったり、株主総会に参加したりすることができます。

株主になって得られる権利は、企業の業績に応じた利益分配を受け取ることのできる利益配当請求権、株主総会出席、経営参加できる議決権、会社が解散した際に残った財産を分配し受け取ることのできる残余財産分配請求権があります。

利益配当請求権は株投資をしている投資家にとっては、最も関係があり、そして最も気になる権利ではないでしょうか?株を購入した企業の業績が良ければ、配当金は増えるし、株価も上がる可能性があります。

配当金は年度末に株を保有していると支払われるので、極端にいえば、年度末に株を保有していれば良いということになります。

議決権は、取締役の選任や解任など会社の様々な意思決定を行う株主総会に出席して、経営に関する意見を述べたり、決議に参加することのできる権利で、定期株主総会以外に臨時株主総会がある企業があります。

残余財産分配請求権は、保有している株に対して、会社が解散する場合に財産の配分を受取ることのできる権利です。